名所・行楽地

イッパンザイダンホウジン イチジョウエカンサンソウ

一般財団法人 一条恵観山荘

一般財団法人 一条恵観山荘

Ippanzaidanhoujin Ichijouekansansou

0467-53-7900

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、営業時間・店休日など変更となっている場合がございます。
住所 5-1-10, Jomyoji, Kamakura-shi, Kanagawa, 248-0003,Japan, Kamakura-shi, Kanagawa
鎌倉市浄明寺5-1-10
交通・アクセス 横須賀線「鎌倉駅」徒歩30分
京急バス5番乗り場 (鎌23,24,36)「浄明寺」バス停より徒歩1分
TEL 0467-53-7900(代表)

※お問い合わせの際は「湘南ナビ!を見た」とお伝えいただければ幸いです。

営業時間
10:00~16:00
※入園は30分前まで。庭園のご見学となります。
店休日 不定休
※月・火曜日のほか催事等開催時(お問い合わせ下さい。)
駐車場
なし
ご予算 500円 ~
サービス 全面禁煙カップル若者向け奥さま向ファミリーシニア向マニア向女性歓迎紙ナビ!設置店
リンク

オススメ

【四季を感じる庭園】
鎌倉の原風景たる岩山と滑川の、せせらぎ、野鳥たちの声により日本の四季をご堪能でき、往時の「雅な時の過ごし方」を追体験出来ます。
【かふぇ「楊梅亭】ご予算550円~
都会の喧騒を離れて鎌倉の岩山と滑川の原風景を臨みながらスイーツや珈琲などをどうぞ。
【和菓子作りや月釜も体験出来ます。】 日本が誇る和菓子とお茶の世界。和菓子職人が丁寧にレクチャー致します。お茶が初めてな方でも洋服で気軽にいらしていただけます。四季を感じるひとときをお愉しみ下さい。
【入園料】 大人・子供 500円
※未就学児は、ご入園できません。
※当園はバリアフリー対応ではありませんので車いすのご利用ができません。

お店・スポットからのメッセージ

370年前、後陽成天皇の第九皇子であった一条恵観が築いた山荘。田舎のような茅葺屋根の佇まいでありながら随所に江戸時代初期の公家の好みが見事に盛り込まれ雅な趣向とこだわりが配された茶屋は鎌倉にありながら京都のような体感で数少ない空間です。


※山荘見学は指定日開催です。(事前予約制。詳しくはHP参照。)
★鎌倉市民デー 4/12(金)★神奈川県民デー 5/9(木)、7/5(金)
※詳しくはHP参照。

おすすめのクチコミ  (3 件)

クチコミからみる、このお店の特長
このお店・スポットの推薦者
E6
E6 さん (女性/平塚市/30代/Lv.53) (投稿:2019/03/13  掲載:2019/03/22)
  • E6
    E6 さん  (女性/平塚市/40代/Lv.53)

    鎌倉市マスター 2位

    11月になり紅葉の季節になりました。本当は昨年秋に観に行きたかったのですが行かれなかったので今年は観れて良かったです。まだ色づいている所が部分的で全体的では、ありませんでしたが秋の雰囲気も良いですね!前回、冬に行った時は丁度雪が降って建物からの景色が風情があり絵を観ているようでした。季節によって違う顔が観れます。鎌倉の大人散策には是非五感を研ぎ澄ませ体感していただきたいお薦めスポットです。 (投稿:2020/11/10   掲載:2020/11/11)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:2
  • E6
    E6 さん  (女性/平塚市/30代/Lv.53)

    鎌倉市マスター 2位

    庭園や見学を見た後は茶席の円窓からがあるお隣の数寄屋造りの「かふぇ 楊梅亭」さんで休憩出来ます。私はお店の名前にもなっている、ヤマモモソーダと小町通りの銘店の「パティスリー雪乃下」監修のチーズケーキを頂きながら目の前の滑川や風景に浸りながら美味しく頂きました。 (投稿:2019/03/13   掲載:2019/04/22)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0
  • E6
    E6 さん  (女性/平塚市/30代/Lv.53)

    鎌倉市マスター 2位

    一条恵観山荘は1646年頃に京都の西賀茂の広大な敷地内に別荘となる茶屋として建立し元大名茶人の金森宗和好みの枯山水や飛石と共に鎌倉へ移築され国指定重要文化財の建物です。一般公開して見られるようになったは1年半位前からのようです。鎌倉にいながら京都にいるような四季折々の風景と五感で楽しめます。建物は事前予約制で見学しましたが丁度タイミング良く雪が降りとても風情があり建物の中から見る風景が歓声を上げる程、素晴らしかったです。一条恵観は後陽成天皇の第九皇子で普段皇族の方しか入れない建物で造りも屋根が板葺・柿葺・茅葺の三層構造になっていて板戸、襖戸、障子戸や畳のヘリが部屋の格によって違うんです。柱だけでも赤松や桜など4種使いされており江戸時代の職人さんの細かい技術が拝見出来ます。浄瑠璃作家の近松門左衛門が見聞きしたとされる「人形まわしの杉戸絵」は建物より古い国の登録有形文化財で裏に池坊の松・竹・ケイトウの生け花の杉戸は間近で拝見でき、とても素晴らしかったです。また滑川に泳ぐ鮎や紅葉の時期にお伺いします。 (投稿:2019/03/13   掲載:2019/03/22)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

周辺のお店・スポット