美術館・博物館・資料館

カマクラブンガクカン

鎌倉文学館

鎌倉文学館

KamakuraBungakukan

0467-23-3911

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、営業時間・店休日など変更となっている場合がございます。
住所 1-5-3, Hase, Kamakura-shi, Kanagawa, 248-0016, Japan, Kamakura-shi, Kanagawa
鎌倉市長谷1-5-3
交通・アクセス 横須賀線「鎌倉駅」から徒歩20分
江ノ島電鉄「由比ヶ浜駅」から徒歩7分
「長谷駅」から徒歩10分
TEL 0467-23-3911(代表)

※お問い合わせの際は「湘南ナビ!を見た」とお伝えいただければ幸いです。

開館時間
09:00~16:30
(最終入館16:00) 10月~2月
09:00~17:00
(最終入館16:30) 3月~9月
店休日 月曜日
祝日の場合は開館。
5・6月、10・11月は臨時休館あり。
年末年始12/29~1/3休館。
展示替休館、特別整理休館。
駐車場
近隣コインパーキング有り。
サービス 子供OK全面禁煙カップル若者向け奥さま向ファミリーシニア向マニア向女性歓迎ベビーカーOK紙ナビ!設置店
リンク

オススメ

●常設展「鎌倉ゆかりの文学」 古典から現代作品まで鎌倉ゆかりの文学作品にふれることができます。
●昭和モダンを感じる建物
館内のステンドグラスや照明、暖炉などの意匠も必見。和洋折衷の様式がとても素敵です。
昭和58年(1983年)第17代当主 前田利建氏より鎌倉別邸の建物が鎌倉市に寄贈。建物の外観を残しながら補修と増改築を施し新たに修造棟を建て鎌倉文学館として開館しました。
●庭園のバラ
春と秋に約200種、250株のバラが見頃をむかえます。「鎌倉」や「静の舞」など鎌倉にちなんだ名のバラも必見です。
[庭園情報]
2月下旬〜3月
クリスマスローズが見頃を迎えます。

お店・スポットからのメッセージ

鎌倉文学館は昭和11年に建てられた旧前田侯爵家別邸を利用した博物館施設です。川端康成、大佛次郎ら鎌倉ゆかりの作家の原稿や著書、愛用品を収集、展示しています。庭園には春と秋見頃を迎えるバラ園も。海の見える洋館で素敵なひとときをお過ごし下さい。


(入館料)
特別展(4月~12月)一般500円、小・中学生100~200円
収蔵品展(1月~4月)一般300円、小・中学生100円

おすすめのクチコミ  (1 件)

クチコミからみる、このお店の特長
このお店・スポットの推薦者
E6
E6 さん (女性/平塚市/30代/Lv.53) (投稿:2019/02/18  掲載:2019/03/04)
  • E6
    E6 さん  (女性/平塚市/30代/Lv.53)

    鎌倉市マスター 2位

    鎌倉文学館さんは観たい収蔵品展や特別展があると観覧します。今回「作家と歩く鎌倉その3北鎌倉・大船方面」の収蔵品展に行ってきました。鎌倉の地を愛した文学者達、夏目漱石や島崎藤村らの原稿や図書などが観れます。鎌倉文学館の西洋館を向かう途中にある「招鶴洞」が三島由紀夫の小説「春の雪」の「青葉に包まれた迂路を登りつくしたところに別荘の大きな石組みの門があらわれる(中略)」にも描かれています。庭園のバラも毎年、立派なバラが彩り綺麗に咲き誇ります。 (投稿:2019/02/18   掲載:2019/03/04)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

周辺のお店・スポット